『ラスト・ナイツ』を1人でも多くの方に観てほしい‥紀里谷監督自ら宣伝活動!

 

11月1日ららぽーと豊洲ユナイテッドシネマにて、紀里谷和明監督による『ラスト・ナイツ』のチラシ配りが行われた。

 IMG_0261 (1)


 

ユナイテッドシネマの敷地内から宣伝活動はスタート。

紀里谷監督はカフェや売店の方に優しい笑顔で積極的に声を掛け、映画オリジナルの名刺を配ったり、写真撮影にも暖かく応えていた。

映画施設から出た後は、ららぽーと豊洲の施設内を巡る。監督を見た方々からは「すごい!」「えっ!本物!?」と歓声があがる。

それもそのはず、監督は壁を一切作らず、とても気さくで、話しかけられた方々が驚いているほどであった。

「テレビで見ました!」という声も聞かれ、最近の映画の宣伝も兼ねた積極的なメディアの露出の効果が感じられた。

一番時間をかけたのは、モール内のフードコート。お昼を食べている方々も、紀里谷監督の登場に食べる手を止め、カメラを抱えて走っていました。

フードコートで名刺を配る監督の姿は胸を打たれた。

「この作品を一人でも多くの方々に観てほしい」。その想いが滲み出ていた。

ビラ配りの間も、ポスターの看板を掲げた宣伝部に、自身の前を歩いてもっと宣伝して歩くこと、チラシ配りの方にはもっと積極的に・・と指示を出している様子はまるで、映画撮影の現場のような熱意の強さ。ビラ配りは述べ三時間以上に渡った。

IMG_0247


 

最後は次の宣伝活動の場所である浅草へ向かう移動中も、宣伝の手を止めず、道路で走行中の車が信号待ちで停車している運転手の方の声援にまで応じ、名刺を手渡す姿が印象的であった。

これほど監督自ら、宣伝活動に力を入れる方がいただろうか。

作品を子どものように愛し、命をかけて育ててきた。

そして、この作品に関わるキャスト、スタッフ、宣伝部全ての方に恩返しをしたい‥。

チラシを何千配っただけではなく、監督の想いがきっと多くの方に伝わり、受け取った人々は必ず映画を観たいと思う。そして『ラスト・ナイツ』は多くの方に触れられる、そう確信した宣伝活動レポートであった。

 IMG_0249 

The following two tabs change content below.
Yui

Yui

図書館司書とシナリオライターの二つの顔を持つYUIです。 伝統芸能に精通しており、歌舞伎、邦楽、落語、着物の魅力を広めたいです。