kaiki 2016SS COLLECTION ~心と身体のバランスを整える衣服~

日常で着られる伝統的な“野良着”をイメージソースに人気を博してきたaaAaaより改名後、満を持してファーストコレクションを発表したkaiki。

先日、文化ファッションインキュベーションで行われた新作発表会にて、デザイナーであるkaikiさんよりお話を伺いました。

 

kaiki8

 

 


 

Q 今季のコレクションテーマは?

毎シーズン、特にコレクションテーマは設けていません。

 

Q 改名の理由は?

前身であるaaAaaは二人で立ち上げたのですが、それが解散した為、kaikiは文字通り僕の名前から取りました。

 

Q 改名によって、ブランドコンセプトも変わりましたか?

一貫したブランドコンセプトも前身から大きく変わらず、精神と肉体のアンバランスさを整えるような役割をうちの服がお手伝い出来たらと思っています。

 

DSCF7526

 

Q 一見シンプルで、カラーも素朴。

ディティールや素材感を活かした作風に感じましたが、技術面での拘りをお聞かせ下さい。

素材感や着心地は大切にしています。

カラーも一見そのままのように見えますが染め直しをしたり、生地自体に加工を加えたり手間がかかっているんですよ。

 

Q レディースがメインですが、メンズ展開はありますか?

ベーシックなシャツ等、自分が着たいものはメンズラインも4つのサイズ展開をしています。

 

DSCF7524

 

Q サイズ感を問わない、ゆとりのあるシルエットが多く感じますが?

タイトシルエットは少ないですが、ビッグシルエットでも身頃を絞るところは絞る等、緩さの中に緊張感は持たせています。

衣服一つで気が引き締まったり、リラックスしたりしますよね?

常に畏まった服を日常で着るわけではないので、普段着の中にもどこか凛とする要素を残しているんです。

 

Q 何故そのような服作りを目指すこととなったのですか?

着る者に、前を見据えながらも、気負いなく毎日を送るマインドを持って頂きたいからです。

 

Q と、言いますと?

行きたいのに行けない。

言いたいことを言えない。

等といった、心と身体が逆の方向を向いてしまうことってあるじゃないですか?

その揺らぎやアンバランスさに一本軸を通してやるような、影から光へ背中を押してやるような服が作りたいからです。

 

DSCF7532

 


 

誤解を恐れず言うと、ビッグシルエットのブランドに多い、フリーサイズやユニセックスものは、「着る人により様々なドレープを見せる」等といったお決まりのフレーズで、その実、在庫リスク回避といった商業的な側面を持つ所があるのも確か。

ですがkaikiは全くそんなことはなく、豊富に用意されたサイズ展開に、綿密に計算されたシルエット…。

紛れも無く、まさに掲げたコンセプトに則った通り、ユーザー目線の服作りをしていたのでした。

派手なテキスタイルやカラー展開に頼ることなく、ゆとりあるリアルクローズに緊張感を持たせたkaikiの服達は特に都市生活をサヴァイブする現代女性の身を包んでもらいたいと思いました。

 

関連リンク

kaikiオフィシャルサイト:http://www.aa-a-aa.com/

The following two tabs change content below.
Mo

Mo

呼吸や鼓動の伝わる写真が撮れたなら。