国立劇場開場50周年記念 通し狂言 『伊賀越道中双六』

 

国立劇場開場50周年記念

近松半二ほか=作
国立劇場文芸研究会=補綴
通し狂言 伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)五幕七場

 

本作品は、その発端から敵討ちに至るまでの旅の道中を双六(すごろく)に見立てて描いた義太夫狂言の名作。敵討ちの物語とはいえ、男女の恋愛、親子、師弟の情愛、義理と人情など、様々な感動を体験できます。国立劇場の舞台はエンターテインメントとしても楽しめるので必見です。

 

IMG_4096

IMG_4095

序  幕 相州鎌倉 和田行家屋敷の場
二幕目 相州鎌倉 円覚寺方丈の場
      同          門外の場
三幕目 三州藤川 新関の場
      同         裏手竹藪の場
四幕目 三州岡崎 山田幸兵衛住家の場
大  詰 伊賀上野 敵討の場

(主な配役)
唐木政右衛門            中 村 吉右衛門
山田幸兵衛              中 村 歌  六
佐々木丹右衛門・奴助平     中 村 又 五 郎
和田志津馬              尾 上 菊 之 助
近藤野守之助            中 村 歌  昇
捕手頭稲垣半七郎・石留武助  中 村 種 之 助
幸兵衛娘お袖            中 村 米  吉
池添孫八               中 村 隼  人
沢井城五郎・夜回り時六      中 村 吉 之 丞
和田行家               嵐   橘 三 郎
沢井股五郎              中 村 錦 之 助
政右衛門女房お谷         中 村 雀右衛門
幸兵衛女房おつや         中 村 東  蔵
                               ほか

(2017/2/1 現在)

こちらの舞台には、colors*でも何度か御登場頂いている豊澤長一郎さんが、三味線の演奏で御出演されます!今回は御本人からcolors*読者へ、特別にコメントを頂く事ができました!

〈 豊澤長一郎さんコメント 〉

歌舞伎ではじめて読売演劇大賞を受賞した注目の作品、伊賀越道中双六の岡崎(最重要場面)を3月4日から27日まで演奏させていただきます。

前回の初役では、国立劇場から特別賞をいただきました、非常に思い入れの深い大役です‼

三大仇討ちの1つ唐木政右衛門(中村吉右衛門丈)を中心に、深刻な悲劇が展開されます。

国立劇場50周年記念公演の締めくくりとなる貴重な舞台を是非ともお見逃しなく!

 

The following two tabs change content below.
Yui

Yui

図書館司書とシナリオライターの二つの顔を持つYUIです。 伝統芸能に精通しており、歌舞伎、邦楽、落語、着物の魅力を広めたいです。