安藤慶一がエスコートするイルミネーションスポット~ディズニーシー編~

三年連続ミスターワールド日本代表の座を射止めたモデルであり俳優でもある安藤慶一さん。

彼のハマっている趣味の一つ、イルミネーションスポットをデート形式で紹介してもらえちゃう連載企画第三弾!

今回はアフター6を利用して、クリスマスムード色めくちょっと大人のディズニーシーにエスコートしてもらいました。

彼女役を務めるのは第一弾でも登場したモデルの太田麻美さん。

格好良くもどこか可愛い二人にキュンキュンしっぱなしで、これを読んだら貴女もきっとディズニーシーに足を運びたくなるはず!

15周年アニバーサリー×クリスマス

dc2

JR舞浜駅から一歩降り立つと、いえっ、東京駅からすでにディズニームードに様変わりする道のりの中、自然と二人の期待も高まります。

さらにディズニーリゾートライナーに乗り換えて、いよいよディズニーシーへ。

dc3

今年でディズニーシー開園15周年を記念し、アニバーサリーの象徴「ウィッシュ・クリスタル」のきらめきが加わった今年ならではのクリスマスイベントが現在開催中。

dc4

クリスマスディズニーだけでもテンションが上がるのに、この冬だけのアニバーサリー仕様となれば見逃すわけにはいきません!

ちょっと大人なディズニー

dc5 古き良きイタリアの港町、ポルトフィーノをモチーフにした異国情緒溢れるメディテレーニアンハーバーエリアは大人のカップルにぴったり。

ライトアップされた夜は特に人通りも少なく絶好のフォト、デートスポットに様変わりします。

毛足の長いシャギーをふんだんに使用したkonyaのチェスターコートで男の色気を、NICK NEEDLESのライダースモチーフのバイカラーコートでタフでカッコいい女性像を演出する二人の着こなしも大人デートにふさわしく素敵ですね。

また陽気なゴンドリエ達が歌い語るヴェネツィアンゴンドラもその世界観にどっぷりと浸れることうけあいです。

dc6アメリカンウォーターフロントエリアは20世紀初頭のニューヨークの町並みや港をイメージしたサブエリアで、54番埠頭には豪華客船・S.S.コロンビア号が停泊しています。

またアルコール禁止のディズニーランドと違い、お酒が楽しめるのもシーの大きな魅力の一つ。

冬季限定メニューであるストロベリー入りのホットワインロゼが楽しめるのは港に面したバーナクル・ビルズだけ!

美しい湾景を臨みながらの甘く温かいドリンクは身も心も包み込みます。

dc7 ロストリバーデルタ。

こちらは1930年代の古代文明の遺跡発掘現場をモチーフにした、中央アメリカの熱帯雨林地域をテーマとしているそう。

中央を流れる河(ロストリバー)によって二つに分断されており、映画インディージョーンズのアトラクション近くのクリスタルスカル魔宮の神殿前は雰囲気満点のフォトスポット。

dc9フォートレス・エクスプローション。

冒険や発見に沸いた大航海時代のフォートレス(要塞)や停泊中のガリオン船の中を自由に歩いて探険しましょう。

展望台や大砲、さまざまな航海用具などを自分で操作することができます。

dc8

絢爛な美術品や、絵画の数々に目を奪われながら、迷路のようなつくりを巡りながら、体験出来るコンテンツも盛り沢山。

マル秘!?穴場ショー鑑賞スポット

dc10

この塔を最上部まで上がり切ると、メディテリアンハーバーでの水上ショーを上から一望出来るのです!

比較的人も少なく、またショー全体を余裕を持って見れて、オススメスポットとのことです。

dc11

夜の水上ショーはこちらも期間限定!「カラー・オブ・クリスマス~ナイトタイム・ウィッシュ~」。

貴女は誰と願いを叶えるのでしょう?

ちょっと一息つきたい時は

dc12 ここからはちょっと混雑を避けた穴場スポット紹介を。

日中は大人も子供も大人気なマーメイドラグーン、アンダーザシーですが、アフター6では夜景を楽しみに来るゲストが多い為か、アリエルの世界をゆったりと楽しめます。

まるで気分は海中デートをしているかのよう。

dc13

周回コースのラストに位置するアラビアンコーストも同じく。

舞台はアラビアンナイト、エスニックな雰囲気溢れる、映画アラジンの世界へ。

インドカレーや、カレー味のフードが食べられるのもシーではここだけ!

dc14

そして夜は魔法の絨毯のアトラクションも待ち時間も少なくお勧めです。

dc15

ジャスミンのフライングカーペットで夜景も一望出来ます、アラビアンナイトの世界観をバックした花火はミッキーマウス型もあるそうですよ。

dc16

小腹が空いたら、大容量の定番ポップコーンを、女子に大人気ダッフィーのポップコーンバックで!

キャラクターもののカチューシャや被り物はちょっぴり照れくさくても、これなら自然と持ち歩けますね。

ちょっと背伸びしてアダルトに

dc17

威風堂々と停泊するこの船の名はS.S.コロンビア号。

皆さんはこの船内に気品漂うバーラウンジがあることをご存じでした?

dc18

その名も「テディ・ルーズベルトラウンジ」、是非とも優雅にグラスを傾けたい大人ディズニーの一つとしては欠かせません。

dc19

またS.Sコロンビア号の甲板からの眺めはディズニーシー全体の夜景が見渡せ、こちらもカップルにとっては欠かせないデートエリアと名高い一つであります。

夜はまだまだ続きます

dc22

もはや説明不要のクリスマスツリー。

ディズニーでクリスマスを過ごせるだけでも幸せなのに、これだけ立派なクリスマスツリーにはカメラを取り出す人波が最後まで後を絶ちませんでした。

dc23

お土産屋さんではこちらも女子の憧れ胸キュン必至、ビッグサイズのダッフィー。

こちらクリスマス限定仕様のサンタ帽をかぶったヴァージョンです。

dc24

特別な夜の締めくくりに、「最後のサプライズはホテルミラコスタの予約を取っていたこと!」なんて言われたらいかがでしょう?

ミラコスタとはイタリア語で「海を眺めること」を意味します。

その為、窓からTDSのパーク内が見える客室やレストランもあり、開園時は水上エンターテイメントを、閉園後や早朝の開園前の時間帯は人がいなくなったパーク内やショーのリハーサルなどを見ることが出来るとのこと。

そう、クリスマスの夢は、明けてもまだ覚めないんです。

出演・解説:安藤慶一
出演:太田麻美
ヘアメイク:山田崇人(hairsalon Apron)
衣装提供:NICK NEEDLES
衣装提供:konya
The following two tabs change content below.
MO

MO

呼吸や鼓動の伝わる写真が撮れたなら。